2009年 07月 24日 ( 1 )

Spy vs Spy aka V.SpyV.Spy

AustraliaはMelboruneのMelodic Punk Band The Gifthorseの新作EPにてカバーしているDon't Tear It Downの本家本元のSpy vs Spyを今回は紹介しようと思います。なぜならEnglandに同名のバンドSpy vs Spyがいる為日本のMelodic Punk好きは間違って捉えている人もいるかと思い、一応ここはAustralia Punkの情報を発信しているという事なので自分が分かるとこまでですが、簡単に紹介しようと思いました。少々お付き合いください。

"Spy vs Spy → V.SpyV.Spy"

VSpyVSpyは1981年Sydneyで生まれたSkaを取り入れたPub Rockバンドです。彼らは政治問題、人種差別や当時のドラッグカルチャーについて歌っていました。Midnight Oilの歌っている政治的な歌詞は自制心のあるものだが、彼らはストリートを代表して路上の現状をストレートに代弁していたのです。当時Midnight Oil, Fastcars, Productsなどの初期 Oz Punk Rock Bandと活動していました。ちなみに彼らの名前はアメリカのマッドマガジンのSpy vs Spyからとっているそうです。日本人に有名なのはファミコンのゲーム、スパイ vs スパイでしょうかね。以下参照(笑)

e0130538_13402262.jpg


Spy vs Spyの初期のラインナップはBass/Lead VoxはCraig Bloxom。Drums/PercussionはCliff GriggそしてLead Guitar/VoxのMike Weileyの3ピースで活動していました。初期のSpy vs SpyのサウンドスタイルはSkaの影響を受けたIndie Rockといいましょうか結構面白い音をだしていました。そんな彼らの最初のデビューシングルは1982年4月に彼らの友達の自主LabelのGreen Labelから"Do What You Say 7'ep"がリリースされます。そしてすぐその年の8月には同Labelから"Four Fresh Lemons 7'ep"をリリース。それぞれ初回プレスは1000枚だったがわずか5日で完売し廃盤となった。その後バンド内で問題が起こり1983年初旬に解散(笑)結成わずか2年であった。が突如1983年中旬にSecond GuitarのMarcus Phelanを加入し再結成した。マッドマガジンの問題も考え名前をV.SpyV.Spyに改名。この頃から初期とは違いSka色が薄れストレートなロックになっていく。しかし再結成と同時にLead GiutarのWeileyが病気になってしまい長い間闘病生活を余儀なくされ加入したPhelanが脱退。ここでMidnight OilのPeter Garrettがヘルプで入ってくれメンバーの士気も次第に上がってきたようだ。

1986年に活動再開をする。ここでMighdnight Oilが運営していたPowerworksに所属する。そこのGary Morrisのマネージメントによって1986年5月に彼らの記念すべき1st Full Length Album "Harry's Reason"がリリースされる。そのあとWEAというLabelに移り1986年12月に2nd Album "A.O. Mod. TV. Vers"がリリースされる。1987年2月にこのAlbumとAlbumからカットされた"Don't Tear It Down"がAustraliaの音楽チャート12位になるという快挙を得た。1988年5月にWEAから3rd Album "Xenophobia(WHY?)"をリリースAustralia音楽チャートでは15位だった。そして続く1989年9月に4th Album "Trash The Planet"をリリースする。この作品のレコーディングはEnglandで行われたらしい。その後はDrumsのCliff Griggは1991年にV.SpyV.Spyを卒業した。その後残ったメンバーはQueenslandに移り住み新しいDrummerを探し1993年に新しいDrumsのMark Cuffeが加入する。その後ライブを続けていたが1994年再度解散してしまう。

1995年にSpy V Spyと名前を変えブラジルツアーを行う。その後はMikeはブラジルに少し滞在しAustraliaに戻った。Craig BloxomとMark CuffeはPaul WheelerというDrumsを捕まえてThe Shock Poetsという新しいバンドを組んだ。そのバンドはすぐ終わってしまい1997年にV.SpyV.Spyもその活動を終えました。

長い事お付き合いしていただいてありがとうございます。少しでもAustraliaのSpy vs Spyを説明しようと資料を引っくり返して解説したのですが興味を持っていただけていたら嬉しいです。今のOz Melodic Punkのシーンのバンドにも影響を与えたSpy vs Spyは素晴らしい。Spy vs Spyのオフィシャルサイトを見つけました。そこでは写真やここより詳しいBand結成についての記述、Discographyとなんとここで全Albumがフリーダウンロード出来たみたいですが現在は出来ないようです。残念!(涙)ここ日本ではあまり音源を見かけないので手に入れるのは難しいかもしれませんが海外のオークションなどでは結構普通の値段で手に入れる事ができるので音源がどうしても欲しい方は探してみてください。

OZ ROCK!!

e0130538_13213354.gif


Myspace
Official Website
[PR]
by dnscig_records | 2009-07-24 13:40 | OZ Punk Review