2009年 07月 17日 ( 1 )

Times Up

昨日に続き今度は90's Late~00's Earyというこれもとても短い間活動して解散の理由も分からないまま皆に惜しまれて解散してしまった

Times Up

を紹介します。自分が確認している音源は2枚。活動場所は現在Grim Fandangoが活動しているPerthで精力的に活動していました。今乗りに乗っているThe Gifthorse同様5人編成のバンドで、ミッドテンポは勿論ですがGifthorseよりもっとキャッチーで胸きゅんメロディです。Perth Melodic, Poppunkといいますととても良心的なPunk Label "Rabbit Records"のMatの活動のおかげかLove Camp 7を筆頭にBilling Method, Whitechapel, Change Of Face, The Dead End, The Criticsそして現在マイペースに活動中のGrim FandangoなどPerth Melodicはどれもキャッチーでメロディックな良いバンドが輩出されています。このTimes Upもしかり時代に埋もれたGood OZ Melodic Punk Bandですな。詳しい事は余り知りませんがTimes UpのメンバーはBoredumb, No Wonder, Gyroscope(Australiaではかなり有名), Ballpointなどのバンドと平行して行われた所謂サイドバンドだったそうです。サイドでこんなんやっちゃうOZってすごいな。

■Discography■

『Single』
・Last To Nowhere CDEP - 6songs - 2001年
・Self Titled CDEP - 5songs - 2002年


※Amazon.comにTimes UpのLast To Nowhereらしき音源が売ってますが3500円~5000円台のなんでかめっちゃくちゃ高いで値段で売られてますね(笑)それでも聴きたい人は肝試し気分で買ってみては(笑)

e0130538_13545836.jpg

e0130538_13551038.jpg

e0130538_13551790.jpg

e0130538_13552442.jpg


Interview
[PR]
by dnscig_records | 2009-07-17 17:39 | OZ Punk Review